読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

カーネルコンパイル方法の違い

Linux

カーネル2.4系と2.6系ではコンパイル方法が違うということをはじめて知った。

処理内容 kernel 2.4系 kernel 2.6系
カーネル構成 make menuconfig make menuconfig
依存関係チェック make dep make
不要なファイルの削除 make clean make
カーネルコンパイル make bzlmage make
カーネルモジュールコンパイル make modules make
カーネルモジュールインストール make modules_install make modules_install

※2.6系のmakeは一度のコマンドで複数の処理(依存関係チェックからモジュールコンパイルまで)を実行してくれるという意味です