読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

VistaでVMware Serverを利用するには

IT

VMware ServerでUbuntuを動作させようとすると、ゲストOSが起動するのに10分程度かかり、さらにフリーズした状態になってしまっていました。
そこでGoogle大先生に聞いてみると、さまざまな方々が困っているとのこと。

VMware が頻繁にディスクアクセスして OS 全体が固まる件を参考にして、以下の設定をゲストOSの設定ファイルに追加。

host.TSC.noForceSync = TRUE
mainMem.useNamedFile = "FALSE"

あと、「Edit virtual machine settings」から「Options」、「Advanced」を選択し、
「Disable memory page trimming」にチェックを入れてから起動すると、
フリーズすることはなくなりました。

結果としてはOKですが、この設定が何なのかを気になったので調べてみると、

On a Windows host operating system, you may encounter a problem with unwanted resynchronization of timestamp counters (TSCs) when a virtual machine starts. The workaround is to add the following line to your global configuration file:

ゲストOS起動時にタイムスタンプカウンタ(TSC)が同期を繰り返してしまうみたいです。
だからディスクアクセスしっぱなしだったのか。