読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

Ubuntu 8.10(intrepid) on ThinkPad X61 でセンタースクロールを使う

Linux

id:rx7の過去のエントリの「Ubuntu on ThinkPad X61 でセンタースクロールを使う」で、Ubuntu 8.04(hardy)利用時にセンタスクロールを利用可能にする方法を紹介していました。
しかし、hardyからintrepidディストリビューション・アップグレードすると、xorg.confに設定をしていてもセンタスクロールが利用できなくなってしまいます。
そこで調べて見たところ、今までは /etc/X11/xorg.conf が読み込まれていましたが、そうではなく、/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi がロードされるようになったようです。

ちなみにe-wordsによると、HALとは、

アプリケーションソフトとハードウェアの間に入り、ハードウェアごとの振る舞いの違いを吸収するソフトウェアのこと。

だそうです。

それでは、/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi を以下の内容で作成します。

[linux] $ vi /etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi


true
2

これで、halとgdmを再起動すればOKです。

[linux] $ vi /etc/init.d/hal restart
[linux] $ vi /etc/init.d/gdm restart

※gdmを再起動するとXが立ち上がらない場合もあるみたいなので、その時は startx コマンドでGUIを起動しましょう。

以上で、X61においてintrepidでもセンタースクロールが利用できるようになったはずです。