読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

puppet 0.25.4で追加されたフック機能

puppet version 0.25.4で、クライアントでtransactionが実行される前後にフックしてコマンドを実行できるようになったようだ。

この機能を利用するにはpuppet.confに以下のように記述すればよいとのこと。

prerun_command = /bin/runbeforetransaction
postrun_command = /bin/runaftertransaction

Railsでいうbefore_filterとafter_filterのようなものか。
ところでこの機能、どのようなシーンで活用するのだろうか?


話は変わるが、リリースノートの説明でtransactionって出てきている。
しかし、puppetはtransactionには対応していない。
なので、マニフェストをクライアントに反映する処理だろうと個人的に認識しているが、本当にその認識で正しいのだろうか?

http://reductivelabs.com/trac/puppet/wiki/ReleaseNotes#id2