読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

Ubuntu 10.4(Lucid Lynx)でセンタースクロールを使えるようにする方法

いよいよあと2日で正式版Ubuntu 10.4がリリースされます。

10.4では、いくつもの仕様変更がありますが、その中の一つに8.10(Hardy)で取り入れられたHALによるハードウェア設定の見直しがあります。

そのため、利用しているPCによっては、10.4にアップグレード後に、ブラウジング中のセンタースクロールが利用できなくなるかもしれません。

私の場合、過去のエントリ『Ubuntu 8.10(intrepid) on ThinkPad X61 でセンタースクロールを使う』にて、トラックポイントを押したまま、トラックポイント・センターボタンでスクロールさせる方法を紹介していましたが、これはHALの設定に追加していたものでしたので、今回の仕様変更により、これが動作しなくなります。

そのため、8.04(Hardy)以前のようにxorgにて設定しなければなりません。

現状、正式版はまだリリースされていないため、あくまで10.4βにて試した内容にはなりますが、センタースクロールが出来るようにするためには、以下の設定を追加するとよいです。
※動作確認したクライアントPCは、Lenovo X200s及びX61です。

新規にxorgの設定ファイルを追加します。

$sudo vi /usr/lib/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf

設定内容は以下の通り。

Section "InputClass"
Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
MatchProduct "TPPS/2 IBM TrackPoint|DualPoint Stick|Synaptics Inc. Composite TouchPad / TrackPoint"
MatchDevicePath "/dev/input/event*"
Option "EmulateWheel" "true"
Option "EmulateWheelButton" "2"
Option "Emulate3Buttons" "false"
Option "XAxisMapping" "6 7"
Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection

設定後には、リブートを実施してください。
すると、センタースクロールができるようになります。