読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

ニフティクラウドC4SAでrailsアプリを動かしてみた vol.1

 先日正式公開されたアプリケーションプラットフォーム「ニフティクラウド C4SA(シーフォーエスエー)をさっそく利用してみました。

 

Perl / Python / Ruby / CakePHP / Ruby on Railsなど様々なコンテキストが提供されていますが、今回はRuby on Railsを試してみます。

 

まずは1時間程度C4SAを利用してみての率直な感想。

C4SAの知識ゼロの状態から30分もあればサンプルアプリを動かすことができたので、仕組みとしては素晴らしいと思った。

また、実際に利用してみて、ローカルの開発環境を一切利用することなくブラウザ上でアプリ開発ができたので、この点もGood!

だが、現状でherokuの代わりになるかというと、まだまだそのレベルには達していないという印象。

scaffoldレベルのアプリなら簡単に動かすことができるが、ramagickのbundle installでコケたりするため、これからの成長に期待したいところです。

 

まずは動画を見て何となく雰囲気を掴んでみて下さい。

 

 

その他、雑記。メモレベルですが一応書いておきます。

 

■ ファイルについて

単なるviewerかと思ったら、ファイルのエディットもできるので意外と便利。

レスポンスが遅い?反応が悪い?ので、何度もクリックしないといけないのが難点。

 

■ CLI について

CLIはコンソールだと思えばすんなり理解できる。

デフォルトで作成される rails_app 配下でのみ動作する模様で、 home 以下に rails_app 以外の名前で配置しても認識しなかった。cd コマンドも利用できないのでどうすればいいのかわからなかった。ただ、niginxの設定でパスを変更できるようになっているので、何か裏ワザ的なやり方があるのかもしれない。知っている方、教えてください。

 

■ キャンバスについて 

デフォルトの名前以外を入力すると、キャンバスの作成に異常に時間を要したり、作成に失敗することが多々あった。

 

 

 

 

このあと、githubにあるredmineを動かしてみようとしたが、最終的にまだ動かすことはできていない。

(1) database.ymlの編集

(2) Gemfileの変更

をしてbundle installはまでは成功したが、

c4sa$ bundle exec rake db:migrate --trace RAILS_ENV=production

を実行すると、cannot load such file -- openid というエラーが発生してしまった。Gemfileの編集で必要なものまで消してしまったのかもしれない。。。 だが、bundle installまでは成功しているので後一息。

 

 

 

続きは明日以降にやります。