読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よかろうもん!

アプリからインフラまで幅広くこなすいまどきのクラウドエンジニアが記す技術ブログ

Google 日本語入力を利用して快適Ubuntu Lifeを

5月11日にGoogleオープンソース化した"Google 日本語入力 Mozc(モズク)"をUbuntu 10.4にインストールしてみました。

Mozcプロジェクトのドキュメント「Linux Build Instruction」では、MozcがUbuntu 9.10 と 10.04でサポートされているとのことですので、最近のUbuntuを利用されている方は是非、導入してみてください。

ちなみに私がMozcを利用した範囲での印象は、若干ではありますがAnthyよりは賢いように思えました。
いくつか変換を試してみて、初期変換で表示された結果が以下の通りです。

 サンプル:ふじさんろく
  Anthyの場合:富士山六
  Mozcの場合 :富士山麓

 サンプル:かりすまへのきたい
  Anthyの場合:カリスマへの機体
  Mozcの場合 :カリスマへの期待

 サンプル:とんこつしょうゆらーめん
  Anthyの場合:とんこつ醤油ラーメン
  Mozcの場合 :豚骨醤油ラーメン

それでは、実際にMozcをインストールする方法について紹介していきます。

Googleが公開しているインストール手順は、こちらのようになっており、手順通りにインストールすることで,簡単にUbuntu 10.04で動作するibus-mozcをビルドできます。

ですが、リポジトリを用意し、さらに簡単にMozcを導入できるようにしてくださる方もいらっしゃいます。ありがたいことです。
では、私のUbuntuにMozcを導入したときの方法を紹介します。

まずはリポジトリを追加します。

$ wget -q http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/xUbuntu_10.04/Release.key -O- | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo "deb http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/xUbuntu_10.04 ./" > /etc/apt/sources.list.d/ikoinoba.list'

こちらより抜粋しています。


続いてパッケージインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ibus-mozc

ここまで正常にオペレーションできたら、一度、ログアウトしましょう。
そして再ログイン後に以下のインプット・メソッドの設定を実施します。

インプット・メソッドであるibusの設定

$ ibus-setup

IBUS設定ウィンドウが開くため、以下の手順で設定を行います。
f:id:interu:20100517215556p:image
1. 「インプット・メソッド」タブを選択
2. 「インプット・メソッドの選択」から[日本語]->[Mozc]を選択
3. 「追加(A)」をクリック

f:id:interu:20100517215557p:image
4. 画面右上部に表示されるキーボードアイコンを表示 ※表示アイコンが異なる場合があります
5. [日本語]->[Mozc]を選択

以上で、Mozcを利用可能になりました。

このように簡単に導入可能ですので、ぜひお試しあれ。